asr restore による Mac の起動ボリュームのリストア

はじめに

  • Apple 標準の asr コマンドを利用して、 Mac の起動ボリューム(デフォルトでは Macintosh HD)をリストアする方法です
  • とはいえ、起動ボリュームか否かは関係なく、どのボリュームでも扱い方は同じです
    • むしろ、起動可能なボリュームのイメージ作成の方にコツがある
    • 今回は、イメージ作成についての詳細には触れません

検証環境

  • MacBook Pro with T2 Security Chip (-2017)
  • MacBook Pro without T2 Security Chip (2018-)
  • macOS Mojave 10.14.6

asr コマンド

  • asr は、 Apple Software Restore の略であり、その名の通りリストアを目的としたコマンドです
  • Apple がどこまで公式にサポートしているのかはわかりませんが、起動ボリューム自体もリストア可能です
    • ソースとなるディスクイメージの作成方法にコツがあったり、いろいろ苦労はありますが…
  • 主に利用するのは、 asr restore の形式です

asr restore

  • asr restore は、以下のような形式で記述します

    asr restore --source リカバリ元のディスクイメージやボリューム --target リカバリ先のディスクやボリューム --erase
    

オプションの説明

  • --source or -s
    • リカバリ元のソースを指定
    • ディスクイメージ でもいいし、それをマウントしたボリュームでも OK
      • DMG 形式はそのまま指定できるが、 Sparse Bundle などではマウントしなければ指定不可能
  • --target or -t
    • リカバリ先のターゲットを指定
    • /Volume/... のようにボリュームを指定しても、 /disk/disk1s2 のようにディスクを指定する形式でも OK
  • --erase リストア先のデータを削除する

利用例

トレーニング用に複数 Mac をリストアする

  • iOSDC 2019 に Mac の環境構築に関する内容で登壇してきました でご紹介したように、トレーニング環境のセットアップに利用しています
    • 全受講者の環境を、完全に揃えることができるメリットは大きいです
    • iOSDC での発表時から、利用する方法は若干変わってます(T2 Security Chip 搭載の Mac への対応のため)

手順

  1. あらかじめ、全 Mac にパーティションを切っておく(ここでは Setup というパーティションとする)
  2. Carbon Copy Cloner (以下、 CCC)を使って、リストアイメージを格納したディスクイメージを作成する(ここでは Setup.sparsebundle とする)
    • CCC を利用するのは、 Disk Utility で作成したイメージから戻すと bless に失敗して起動できず、その対処方法がわからなかったためです
    • T2 Security Chip あり/なしの Mac 間では、同じイメージを使い回すことはできません
  3. イメージを全リストア対象の Mac の Setup パーティションにコピーする(残念ながらここは手作業)
  4. asr restore でリストア(2,3 分で完了)

最後に

  • Apple としてはモノリシックイメージからのリストアは推奨していないものの、 asr コマンドについては WWDC 2019 のセッションで紹介しています
  • APFS や T2 Security Chip との付き合い方は考える必要がありますが、学校やトレーニング企業ではイメージからのリストアは必須なので、今後も引き続き使い方を探っていきます

macOS

2019-10-15 04:22 +0000