Xcode 11 で作成したプロジェクトを iOS 13 未満に対応させる

はじめに

  • Xcode 11 から、新規作成したプロジェクトの構成が変わりました
    • User Interface を Swift UI と Storyboard から選択可能
    • SceneDelegate.swift が追加
    • Info.plist に、 SceneDelegate を利用するエントリが追加
  • iOS 13 以降のみ対応させる場合にはそのままでよいのですが、多くの場合、 2 つ前くらいまでの iOS をサポートすると思います
  • このままで Target のバージョンに iOS 13 未満を設定すると、エラーが発生して実行できません
  • ここでは、その解決法を紹介します
    • 方法は他にもあるようですが、これが Xcode のサポートを一番受けやすい方法だと思います
    • なお、 Swift UI は iOS 13 以降対応なので、ここでは Storyboard を選択した前提とします

検証環境

  • Xcode 11.2.1
  • iOS 13.2.3, 12.3.1
  • Swift 5

デフォルトの状態と実行確認

  • プロジェクトを作成すると、以下のような状態となっています xcode11_project scene_manifest

手順

Build Target を iOS 13 未満に設定

target_under_13

アプリを実行

  • ビルドに失敗する

ビルドエラーメッセージを確認

build_error_with_scene

エラーのアイコンをクリックし、修正内容を選択

fix-it_correction

  • SceneDelegate
    • クラス全体に @available を付加する修正候補を採用
  • AppDelegate

    • 対象のインスタンスメソッドに @available を付加する修正候補を採用
  • 修正結果(SceneDelegate.swift)

import UIKit

@available(iOS 13.0, *)
class SceneDelegate: UIResponder, UIWindowSceneDelegate {

    var window: UIWindow?

    〜省略〜

}
  • 修正結果(AppDelegate.swift)
import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

    〜省略〜

    // MARK: UISceneSession Lifecycle

    @available(iOS 13.0, *)
    func application(_ application: UIApplication, configurationForConnecting connectingSceneSession: UISceneSession, options: UIScene.ConnectionOptions) -> UISceneConfiguration {
        // Called when a new scene session is being created.
        // Use this method to select a configuration to create the new scene with.
        return UISceneConfiguration(name: "Default Configuration", sessionRole: connectingSceneSession.role)
    }

    @available(iOS 13.0, *)
    func application(_ application: UIApplication, didDiscardSceneSessions sceneSessions: Set<UISceneSession>) {
        // Called when the user discards a scene session.
        // If any sessions were discarded while the application was not running, this will be called shortly after application:didFinishLaunchingWithOptions.
        // Use this method to release any resources that were specific to the discarded scenes, as they will not return.
    }


}

再度、アプリを実行

  • 実行できるが、画面は真っ黒

Xcode のコンソールを確認

  • 以下のようなメッセージが表示されている

    2019-12-03 10:29:13.671826+0900 SampleProject[309:24561] [Application] The app delegate must implement the window property if it wants to use a main storyboard file.
    
  • ストーリーボードを利用するためには AppDelegatewindow プロパティが必要とのメッセージ

  • 以前のバージョンの Xcode で作成したプロジェクトでは、宣言されていた

AppDelegatewindow プロパティを追加

  • SceneDelegate に記載されている内容を、そのまま移植すれば OK
  • 修正結果(AppDelegate.swift)
import UIKit

@UIApplicationMain
class AppDelegate: UIResponder, UIApplicationDelegate {

    var window: UIWindow?


    〜省略〜
}

実行して、動作することを確認

  • Main.storyboard の最初のシーンが表示される

まとめ

  • 基本的には、 Xcode の修正候補に従って修正すれば問題ないです
  • 今回のサンプルは、 GitHub に置きました
  • これ以外に、今後は Swift UI とストーリーボードを混在させる必要が出てくると考えられます
    • Swift UI を使いたいが、 iOS 13 未満もサポートしたいパターン
  • 複数バージョンに対応させる方法は、調べておきましょう